出展者情報

出展者名 壺中居
代表 代表取締役 井上 繁雄
Web http://www.kochukyo.co.jp/
E-mail antiques@kochukyo.co.jp
ジャンル 東洋古美術
店舗 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-5
電話: 03-3271-1835
FAX: 03-3271-1839
  • 唐三彩 馬

    横 57.7㎝、高 52.2㎝ / 中国 唐時代(618年~907年)

インタビュー

壺中居 井上繁雄様

伝統と進化がぶつかりあう現代で

 今、世界で起きていることで美術業界にも影響を与えていることといえば、間違いなく情報のスピードの加速と氾濫でしょう。それによって、これからの人たちはどんどん品物を買うことに慎重になることが考えられます。グローバルな市場には「信用」による付加価値よりも価格が優先されていて、そうなると実は、マーケットの質というのは低下してしまうんです。一方で、日本の美術マーケットの良い所は、日本独自の相場ができているところです。閉ざされていると言われることもありますが、業者間の顔が見える者同士の取引のおかげで値段がコントロールされているんです。「信用」が価値を持っています。

 情報化によってあらゆるところで市場のグローバル化が行われているものの、日本人は美術を市場と引き離して文化だけで捉える傾向が強いですね。世界の現状を見ていると、文化=資産という考え方が今後のスタンダードになることを、次の世代はある程度覚悟しないといけないかもしれません。次の世代の「目」というのはこれからますます柔軟であることが求められてくるでしょう。

東美特別展に向けて

 東美特別展は第二回から見ていますが、情報で溢れた今の世の中で、お客さんは買うことに慎重です。自分の懐から文化を買うというのは大変なことであることは理解しています。だからこそ私たちも中途半端な物は出したくありません。いつも特別展が終わるたびに次の特別展に向けてテーマを決めて準備するんです。作品を集めるのに実際は3年、長ければ10年近くもかかりますが、それだけ私たちも真剣に品物を集め、お客さんに納得して頂きたいと思っています。